資金が必要になった時には、銀行からお金を借り入れましょう

バラ

教育を行うために

低金利教育ローンについて。

私は今から約5年前の時に子供が大学に入学するために必要な資金を借りるため、いろいろな金融機関に行って教育ローンをすることを検討しました。最初は銀行や農協などに行って教育ローンを検討しましたが、銀行や農協の教育ローン金利は当時約3パーセントでありました。手間暇考えましたら銀行か農協のどちらかで決めようかと思いましたが、借りる金額が200万円を予定していましたので、少しでも金利が安い所をもう少し探してみることにしました。そしてインターネットで調べてみたところ国の日本政策金融公庫で行っています教育ローンの金利が、銀行や農協の教育ローン金利よりも当時で約2.4パーセントと低金利であることがわかりました。

国のローンの特徴について。

ただこの国の日本政策金融公庫の教育ローンを取り扱っています店舗が近くにはなく電車で約40分のところにありましたので、電話で必要書類を先に送ってもらいその必要書類に必要事項を記入し、その他手続きに必要な各種書類を揃えて店舗に手続きに行きました。やはり国で行っています低金利教育ローンでしたので必要書類は数多くあり少し大変でしたが、返済金利が約2.4パーセントと低金利でしたので頑張って揃えて手続きを行いました。そしてこの日本政策金融公庫で手続きをしているうちにわかりましたのが、銀行や農協と一番違っていたことは教育ローンで借りたお金が国に場合は、そのまま自分の口座にお金が入金されることでした。銀行や農協の場合は直接大学側に入金されるのですが、国の場合は自分の口座に入金されことが一番の違いでした。そして低金利でもありましたのでとても便利で良かった教育ローンでした。