資金が必要になった時には、銀行からお金を借り入れましょう

バラ

担保をつかう

事業資金運転資金向けの融資

自営業者の方にとって、常に考えなければならないのは資金繰りです。常に借入先を探して資金調達が必要です。そんなときに担保となる不動産があれば、資金調達や事業に対しての融資を受けることができます。自営業者の方は無担保のローンだと収入が不安定であるとみられることから、あまり大きい限度額の融資を受けることができないです。それが、担保となる土地や建物といった不動産の資産があることで、無担保ローンの場合だと借入者が返済不能になった時にそのお金を回収するに時間がかかってしまいますが、不動産担保ローンであれば返済不能に陥ったとしても担保に設定した土地や建物で回収することができるので貸しても安心して融資をすることができるのです。

カードローンタイプのものもある

不動産担保ローンには、無担保のカードローンやフリーローンのようにカードの限度額の範囲内であれば繰り返し利用でいるタイプのものあります。資産活用タイプとカードローンタイプのものがあり、資産活用タイプは限度額が大きく1億円以上の融資を受けることができますが借り入れは最初のみであとは返済していくだけのものになります。カードローンタイプの不動産担保ローンは、資産活用タイプと比べると限度額は大きくはないのですが、限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れと返済ができる不動産担保ローンになります。自営業者の方で事業資金を目的をする融資を希望している場合は、まずは大きい金額の融資が受けられるタイプのものを選択することになります。